この事を考慮すると

キャッシングした際、返済をする時には利息を含めての返金になるのは知っているはずです。

カード会社は利益を狙いとした企業なのですから必然です。

ですが支払う方は、わすかでも少なく支払いたいとよぎるのが本音でしょう。

利息制限法が実行される前は年30%近い利率を支払わされてましたが、適用後は高利子でも年間18%位といくぶん低く定められていますので、とってもお得になったと思います。

最近の融資の利息幅は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用限度額により決められます。

利用可能額は申請者の信用度によって決定されます。

総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年収がどれほどあるのか?どういう仕事をしているのか?カードローンの使用状態はどうなのか?などが調査され与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まります。

カードローンの場合利用できる額が10万円〜800万円(各会社で金額は違います)と広い範囲があります。

こうしてその範囲の中で決められた使用可能額により金利も決まるはずです。

50万円なら年18%、300万円なら年12%、800万円なら4%といった数値になるでしょう。

つまり、評価が良ければ、与信額も上がり、利率も下がります。

この事実に疑問を抱くのは私しだけでしょうか?余談になりますが、金融会社にとって、それらの事実は当然なのかもしれませんが、年収の高額な人がキャッシングが不可欠とは思えませんし、もしキャッシングサービスを利用したケースでも利息がどうであるとお金の返済に苦労する事はないでしょう。

反って一年の収入の低い人は直ちにお金が必要だから借りる方が大半です。

金利が多いと返済に苦労するようになるはずです。

なので可能範囲の低い人にこそ低利息で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

これらは使うサイド側としての考えではあります。

この事を考慮すると、利率を安くする為にはどのようにすれば良いのか何となく気付いたと思います。

実際、これから記述方法で、手続きを申し込む人がほとんどなので知らせますと、カードローンの申請をする時に、年収の1/3ぎりぎりの額まで申し込むのです。

年収900万円なら300万円で申し込み、審査で申し込んだ満額通ればその分だけ利息が安いキャッシングできるカードを手に入れることができます。

だからと言って全額キャッシングしなければいけないわけでもないのです。

1万円でも30万円でも必要な分だけの使用できます。

また上限利用可能金額が300万円で最低金利7%位の金融会社も存在しますので、その企業に申請すればその会社の最低利息で利用できます。

どう思いましたか?見方を変えるだけで低利子のカードローンを持つことが出来るのです。

自分の年収とローン業者の利息を比べて、考える事に時間を費やせば、より良い契約でお金の借入れができるのですから、ちゃんと調べるようにする必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.greencornercincinnati.com All Rights Reserved.