www.greencornercincinnati.com

猫には、現在は主に2種類のタイプが有ると思います。野生か飼い猫です。 その2つの猫には色々と違いがあるのですが、主なものは寿命だと思います。寿命が長いのは、飼い猫の方です。その理由ですが、やはり外的環境の問題が大きいと思います。 飼い猫というのは、家の中で飼われることが多いです。「家ネコ」という用語なども存在します。 家の中の環境と外の環境は、明らかに違います。外の環境は、色々と危険が多いものです。なぜなら外では、外敵などが多く見られます。中には猫にとっての天敵の動物なども居るかと思います。 ところが家の中の環境は、外敵はあまり関係ありません。家の中に居れば、基本的には安全だからです。 それと外よりも家の中の方が、温度や湿度なども一定しているものです。そのため家の中にいる方が、病気になる確率なども低くなると思います。 このような外的環境の理由によって、飼い猫は野生の猫よりも平均寿命が長いのではないでしょうか。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.greencornercincinnati.com All Rights Reserved.